酵素ドリンクと青汁は似ていますが、成分やカロリーに違いがあり、低カロリーは青汁!ダイエットには酵素ドリンク、健康維持には青汁がオススメで、どちらも野菜不足を補い、美容にも効果があるのでダイエットをするかしないかで選ぶことができます!

酵素ドリンクのQ&A

酵素ドリンクと青汁はどちらがおすすめ?ダイエットには酵素。健康を重視するなら青汁

投稿日:2016年7月25日 更新日:

美容や健康を考えた時に出てくるのが「青汁」「酵素ドリンク」の二つという人も珍しくはありません。
酵素ドリンクも青汁も一大市場を築いているものであり、栄養面などからも支持が大きなものになります。

どちらも足りない栄養素を補ってくれることもあり、どちらを購入するか悩む人も多いです。

では、この二つはどのように違うのか?解説していきます。

青汁の成分とカロリー

青汁

青汁のメリットは野菜を中心に作られていることもあり、ビタミンやミネラルを簡単に摂取できる面になります。

野菜に含まれる食物繊維なども取れるのでお通じなどもよくなり、体内の活性化にも繋がります。
定期的な排便などは体内リズムもコントロールしてくれるので睡眠時間の安定なども出てきます。

食生活が偏っている方や、普段から野菜をあまり食べない方には、青汁を飲むことで野菜不足の解消ができるのでおすすめです。

よく言われていることですが、1日に必要な野菜を全部摂取するにはたくさんの食材を摂取しなければいけません。
ですが、青汁だとコップ一杯飲むことで補ってくれたり、サプリメントとして摂取できる商品もあるので、手軽に野菜不足をサポートしてくれます。

また、野菜不足と食物繊維不足は肌荒れにも繋がります。

青汁を飲むことで肌荒れやニキビの改善、体臭の軽減などさまざまな効果が出てくることも多く、単なる栄養補助食品を超えた人気を得るのも納得できます。

コップ一杯のカロリーは約10~25キロカロリーであり、野菜ジュースよりも低カロリーで必要栄養素をカバーすることができます。

青汁の味と料金相場

子供でも美味しく飲める青汁青汁は初期こそ「まずい」という声が多くありましたが、現在では飲みやすいものに改良されており、美味しくないから飲みにくいといった商品はほとんどありません。

タブレット型のサプリメントも増えてきているので、飲みにくいなということもありません。

青汁だけに限ったことではありませんが、過剰に摂取しすぎると栄養過多になります。

ほうれん草などに多く含まれる「シュウ酸」はカルシウムと結びつくことでシュウ酸カルシウムになり、人によっては尿路結石の原因になってしまいます。

健康にいいからと言っても規定量を守ることは大事であり、青汁は1日600m以上は飲まないようにすることはだいじです。

青汁は低価格帯のもの多く、お財布にもやさしいのも特徴です。
1000円でも十分に試せる分が購入できます。

酵素ドリンクの成分とカロリー

女性にも人気!酵素ドリンク

酵素ドリンクの主成分は野菜になります。

この野菜を発行させることで生まれる成分が「酵素」であり、青汁などにはあまりない成分の一つでもあります。

酵素ドリンクは各種メーカーによって配合される野菜が違うこともありますが、野菜不足の人に対しての栄養を補うことは可能です。

置き換えダイエットにも使えるほどの腹持ち、栄養価もあり、酵素ドリンクを使ったダイエットなどは1つのジャンルを作っているほどです。

カロリーは100ミリで130~174カロリーなどが多く、青汁よりは若干高めになっています。

酵素ドリンクの価格と味

酵素ドリンクは置き換えダイエットとして飲んでいる方も多く、味も飲みやすいです。

飽きてきたときなどは炭酸や牛乳などで割っても問題なく、飲みにくいというものはほとんどありません。

優光泉酵素(ゆうこうせん)のレビューにも書いていますが、いろんな飲み方ができるので、置き換えダイエットには最適です。

酵素ドリンクの相場は6000円~8000円といったところでしょう。

青汁などと比べると若干高めには見えますが、酵素の働きとダイエット効果が期待できるという面からは安いといえます。

ダイエットにはどっちがおすすめ?

ファスティングには酵素ドリンクのほうが無理なくできておススメ

ファスティングに酵素ドリンクがおすすめ

ファスティングには酵素ドリンクのほうがお勧めになります。

これは総合の栄養価もですが腹持ちの良さも大きな要因になります。
酵素ドリンクでのファスティングは3日で完成させるのがベストです。

3食を酵素ドリンクに置き換えて腸内の不要物を完全に排出させます。
ですが、ファスティングは初めての場合は最初は1食を置き換えてみて、酵素ドリンクの感覚に慣れることが大事です。

その次に1日、3日とできるようにすることで失敗の無い酵素ドリンクのファスティングになります。

青汁ではファスティングはできるのか

青汁ではファスティングはできないの?と思いがちですが青汁でもファスティングは可能です。

この場合は酵素ドリンクとのファスティングと違い、夕食と昼食には「軽食」を挟むことになります。

2日間の青汁ファスティングでは、おかゆや春雨スープなどの軽めのものを摂取しながらのファスティングになります。
青汁だけでは空腹感を満たせないからです。

無理してしまうと、ストレスのあまり間食したり、余計に食べてしまって失敗してしまいます。

青汁でファスティングする場合は、まず1日だけやってみることからがお勧めです。

ファスティングのあとは回復食を

ファスティングした後は、その後2日ほど回復食で整える期間が必要です。

この場合はどちらもですが軽めの食事に酵素ドリンクか青汁をいれながら2日目の夜に常食に戻せるようにしていくことで3日目からは普通の食事をとることができます。

ファスティングというのは断食です。

食事をしていない胃腸はデリケートな状態であり、いきなり油の多めの食事などには拒否反応を出してしまうこともあります。このことからもおかゆなどの軽めの食事からの回復食を取ることで胃腸が消化することへの抵抗を和らげていきます。

酵素と青汁、健康にいいのは?

健康を考えて選ぶなら青汁がおすすめです。

健康のために青汁を飲む

青汁がこれだけの長年売れているのは、健康を気にして飲んでいる方が多いいうことでしょう。

野菜不足の解消、足りない栄養素の補給。
通常の食事に追加するだけの手軽さや青汁だけでも1食分の栄養素を賄えることも大きなポイントです。

青汁は総合栄養食品でも常に1位であり、ずっと人気があります。

飲むだけで野菜不足や英酔いうそが補給できることや体質改善効果が期待できるということでも人気なんですね。

美容面でダイエットなどには酵素が強いですが、価格帯、手軽さ、保存の簡単さなどを見ても青汁が長く愛用されていることも納得がいきます。

酵素は美容効果が期待できるということで、若い女性にも人気がありますが、
健康もダイエットも考えて、どちらも飲みたいという方には、酵素青汁111選というサプリもおすすめです。

青汁と酵素ドリンクは通じる部分も多く、最近では酵素入りの青汁や、酵素ドリンクに青汁配合などの合わせ技も出てきました。
この場合も酵素青汁などであれば主成分は青汁であり、総合的な栄養素に加えて酵素のデトックス効果や腸内サイクルのコントロールなどが追加された形になります。

酵素ドリンクに青汁配合であればダイエットやファスティングの際にも野菜の不足などは一切心配いらないといえます。
どちらも優秀なものであり、自分にとってのみやすいものであるかどうか、価格帯などをみて選んでいきましょう。

まとめ

目的に応じて選ぶのがベストですが、野菜不足を解消して体のコンディションを整えたいならば青汁、ダイエット目的として選ぶなら酵素ドリンクがおすすめです。

酵素入り青汁などもありますが、これらの場合でも野菜を多めにと考えるならば主成分が青汁であるほうを選ぶ方がいいでしょう。

どちらにもメリットデメリットがありますが、どちらかひとつを選ぶとなれば、
無添加酵素ドリンクが個人的にはおすすめです。

-酵素ドリンクのQ&A

執筆者:

関連記事

酵素ドリンクは市販より通販で購入した方がお得!理由はサポートと返金保証

テレビで酵素ドリンクのダイエット効果が取り上げられてから ネット通販の酵素ドリン …

人気の酵素ドリンクダイエットの正しいやり方(断食・プチ断食)

今は酵素ドリンクによるダイエットというのがとても注目されており、中でも酵素ドリン …

自分でも作れる!酵素ドリンクの作り方

短期間での酵素ダイエットを行う際に、効率的かつ即効性のある酵素ドリンクは必要不可 …

クレンズダイエットとは?芸能人やモデルも夢中のジュースクレンズ

皆様はクレンズダイエットというものをご存知ですか? 今注目されているダイエット方 …

ベルタ酵素ドリンクのレビュー

コンブチャクレンズ レビュー