酵素とは身体の中で作られるたんぱく質の一種で、とても重要な存在!消化や代謝、血液循環という働きに欠かせないもので、酵素が減少すると代謝が悪くなり太りやすく老化を招き、免疫低下にもつながるので食物酵素で体内の消化酵素・代謝酵素を補う事が大切!

酵素ダイエットの基礎知識

酵素とは何か?消化酵素、代謝酵素、食物酵素について

投稿日:2016年4月1日 更新日:

「酵素」という言葉は誰もが耳にした事のある単語でしょう。
しかし、例えば子どもに「酵素って何?」と聞かれてすぐに分かりやすく説明できますか。
多くの方が頭を抱えて悩んでしまうのではないでしょうか。

酵素というのは、私達の身体の中で作られるたんぱく質の一種なのです。

酵素って何?

酵素の働きで代表的なものは次のようなものがあります。

  • ①食べ物の消化
  • ②皮膚の新陳代謝
  • ③血液の循環

これだけでも、身体にとってとても重要な役割があることがわかりますね。

私たちが「酵素」という言葉を具体的に学習する場面は、学校での「消化酵素」についての単元を扱った授業が上げられます。
その際に、「アミラーゼ」という単語、耳に覚えがありませんか?
アミラーゼは消化酵素のひとつで、デンプンやグリコーゲンを分解する働きをします。ここまで覚えている人は少ないかもしれませんが、テスト勉強で頭に叩き込んだ経験が多くの方にあるはずです。

アミラーゼとは膵臓で作られる酵素の1つです。食べ物が食道を通り、胃で溶かされて、十二指腸に到着すると、そこに膵液と胆汁が加わって、本格的な消化が始まります。

アミラーゼなどの消化酵素のおかげで、食べ物は炭水化物、タンパク質、脂肪などに分解されて、次の小腸で栄養が吸収される仕組みです。

アミラーゼ(AMY)とは

しかしアミラーゼが消化酵素だという事が分かっても、「酵素って何?」という質問の答えにはなりません。

では、酵素とは一体何か。

酵素とは、子どもにも分かりやすく説明すると「生物の細胞内で作られて、消化や呼吸などを助けてくれるスーパーアシスタント」の総称なのです。

より小難しい言葉で解説すると、「生物の細胞内で合成されるタンパク質、またはタンパク質と低分子化合物から生成された高分子化合物で、生体反応(消化や呼吸など)についての化学反応の触媒作用をもつものの総称」という事になります。

こんな説明では子どもたちはおろか、我々大人たちも理解するのに頭が痛くなりそうですから、「消化や呼吸を助けてくれるアシスタントのこと」と覚えておくのがベストなのです。

つまり、よく聞く「消化酵素」アミラーゼは、消化を助けるアシスタントの事だったんですね。

人にかかわる3つの酵素

人間が生きていくために欠かせない酵素。人間の生命を維持するために必要な酵素は3種類に分類する事ができます。それが「消化酵素」と「代謝酵素」、そして「食物酵素」です。

消化酵素」と「代謝酵素」は我々の体内で作られます。

消化酵素」はその名の通り、消化するために不可欠なアシスタント。食べたものの栄養を体が吸収しやすい物質に分解するのに一役買ってくれます。
代謝酵素」は、消化酵素によって体内に吸収されたエネルギーを実際に使うのに使われる酵素です。体を動かしたり、呼吸したり、物事を考えたり、ウイルスや細菌と闘ったり、また「代謝」という言葉から想像できるように肌の新陳代謝や発汗なども、全てこの「代謝酵素」の働きのおかげで実現しています。

「消化酵素」と「代謝酵素」の関係

人体で生成される「消化酵素」と「代謝酵素」には密接な関係があると、「酵素栄養学」という本を発表したエドワード・ハウエル博士は述べています。

酵素栄養学 – Wikipedia

消化酵素を沢山使うと、代謝酵素の方が不足してしまうというのです。
これは実験や研究などにより裏付けられています。

代謝酵素が不足すると、どうなるのでしょう。
代謝酵素は運動したり考えたり、新陳代謝をおこなったり、人間の全ての活動にかかわる重要な酵素です。これが不足すると、疲れやすくなったり、ぼんやりしたり、免疫力が低下したり、肌の調子が悪くなったりします。

消化酵素は、肉やジャンクフードなど消化の悪いものを食べたり、暴飲暴食したりすると、大量に使われますので、不摂生な食生活が消化酵素と代謝酵素のバランスを崩しやすくする大きな原因となります。

2つの酵素のバランスを保つのに重要な「食物酵素」

消化酵素」と「代謝酵素」のバランスは、生活習慣に気をつける事でも良い状態に保たれますが、そこに「食物酵素」という頼もしい第3の酵素の働きが加わる事で、更にパワーアップします。

納豆などの発酵食品、また新鮮な野菜や鮮魚に多く含まれる食物酵素は、消化を助ける効果があるため、消化酵素の働きをサポートしてくれます。

酵素がもたらす効果とは

全ては「消化」がカギ

前章では「消化酵素」、「代謝酵素」、そして「食物酵素」、この3つの酵素の働きについてご紹介してきました。ここでは酵素のもたらす効果について触れていきます。

消化の負担が大きくなると、消化酵素が大量に使われてしまい、代謝酵素が不足するという事をおさらいしましょう。
そのために、食物酵素を取り入れると消化を助けてくれるため、代謝酵素が十分な働きをしてくれてバランスが良くなるという事でした。

つまり、全てのカギは「消化」にあるのです。
消化活動が順調に、少量の負担でこなされると、代謝酵素の働きが活発になり、次々と良い効果が期待できます。

具体的な酵素がもたらす効果の数々

まず上げられるのが、便秘症状の改善です。
これは消化とダイレクトに結ばれてイメージしやすいかと思われますが、消化活動が上手くいけば当然腸の状態も良くなりますし、便そのものの状態も良くなります。

つまり、丁度良い硬さや量になり、健康的な便になるという事です。

また、消化活動が上手くいっているという事は、腸の活動が非常に活発になるという事でもありますので、お通じも非常に良くなる事が期待できます。

次に、集中力と記憶力の向上です。
酵素と記憶力が直結するわけではありませんが、代謝酵素の働きは「考える事」つまり脳の活動にも欠かせないものなのです。代謝酵素が活発化すれば、脳の活動も活発化します。物事を考えたり、記憶したりする力が向上し、スッキリとした気分で集中力アップにも繋がります。

運動能力の向上も期待できます。
代謝酵素は体を動かす事、筋肉運動にも直接作用します。代謝酵素の働きがパワーアップすれば、運動のトレーニングをした時の体への効果が、一層期待できそうです。
単にアスリートのような「運動能力」というだけではありません。

歳を重ねているご高齢の方の日常の運動能力の向上という意味合いも含んでおり、階段の上り下りで息切れしなくなったり、転びにくくなったり、歩く事が苦ではなくなったり、体を動かす事そのものに効果が見込めます。

最後に、健康状態の様々な問題の改善効果についても触れましょう。
例えば頭痛持ちであったり、喘息であったり骨粗しょう症であったり、いわゆる「持病」と言われる慢性的な疾病を抱えている方にも酵素はその効力を発揮します。

消化酵素の活動をサポートし、代謝酵素の働きを大きく引き出してやる事により、基礎免疫力も向上し、体力もつきますし、筋肉や様々な体内器官に良い影響を与えます。

酵素不足しがちな人とは

生活習慣の乱れ

酵素不足の原因については、「消化酵素」と「代謝酵素」の関係性について述べた際にも少し言及しましたが、食習慣を主とする生活習慣の乱れが大きな要因となります。

暴飲暴食は勿論、お肉の好きな方は要注意です。

肉といえばタンパク質ですが、人間の体は、このタンパク質を留めておけない構造になっています。
従って、消化酵素がフル出動となり、どうにか体に吸収できる栄養素に分解しようとがんばってくれてしまうのです。

また、生野菜や果物をあまり食べない方は、食物酵素不足になりがちです。
朝はパンとコーヒー、昼はコンビニのおにぎり、夜はラーメン、という方は野菜不足にご注意を!

食生活のみならず、夜更かしにもイエローカードです。
人間の体内で生成される2つの酵素は、一体いつ作られるのでしょうか。正解は、眠っている間。起きている間は様々な行動をするのに消化酵素も代謝酵素も大忙しなので、眠っている間に新しく生成され、補われるのです。
よって、夜更かしして寝不足になりがちな人は酵素不足になりやすいです。
夜更かしして夜食を採ると、消化酵素が働かざるを得なくなり、ますます悪循環となります。

ストレス

ストレスに悩む女性現代人が抱えやすいストレスも、酵素不足の要因のひとつと言われています。
ストレスを溜め込むと、消化酵素の働きを活性化させる「セロトニン」という物質が減少すると研究、発表されています。

ストレスにより消化酵素の働きを阻害してしまうというわけです。
イライラやネガティブな感情は溜めずに発散したいものです。

1日に必要な酵素とは

1日に摂取すると良いと言われる食物酵素

外から取り入れて酵素を増やすには、食物酵素を多く含む食品を摂取するのが良いというのは小学生でも分かることです。

では、1日にどの程度の量を目安に食べるようにすれば良いのでしょうか。

野菜350g、果物200g

というのが、ひとつの目安になるそうです。
よく野菜ジュースなどのコマーシャルで「1日350g」と謳っているのは、この酵素の摂取目安量だったのですね。

酵素が多いと言われる青果類は

アボカド、トマト、キャベツ、レタス、きゅうり、キウイ、パイナップル、マンゴー、パパイヤ、バナナ、にんじん、たまねぎ、ねぎ

などが上げられます。

特にアボカドやトマトはその量が多いことで有名です。

また、発酵食品にも食物酵素が多く含まれる事から
納豆や味噌、つけものを摂る事も良いと言われています。ただし、発酵食品には大量の塩分が含まれているので、摂りすぎには注意する必要があります。

青果類は「生」で摂ること

野菜や果物に多く含まれる食物酵素ですが、1点注意点があります。
それは「加熱しないこと」。

食物酵素は48度以上になると破壊されてしまいます。
だから、加熱すると全く意味が無いのです。

フルーツゼリーを作るのに、パイナップルなどは加熱処理してある缶詰などのものを使わないと固まらないという話、聞いた事がありませんか。
これは、まさに酵素に関しての話なのです。

食物酵素を多く含むパイナップルは、動物性タンパク質であるゼラチンや寒天の凝固組織を分解してしまうため、生のまま使用するとゼリーが固まらないというわけです。
加熱処理して酵素を破壊してしまえば、ゼリーもちゃんと固まるので、缶詰を使うと良いという話になります。

つまり、酵素を生きたまま体内に取り入れたければ、生で食べなければ意味が無いのです。

「酵素」はどうやって作られるの?

腸内細菌のイメージ

腸内酵素を作る腸内細菌

ここで、人体で生成される酵素がどのように作られているか解説いたしましょう。
酵素は眠っている間に生成されると前述しました。しかし、どうやって…?
この説明に欠かせないのが、腸内細菌です。

腸内細菌、名前くらいは聞いた事があるでしょう。
ヨーグルトの宣伝文句が思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。

我々の腸内には実に1000種類以上の細菌が住んでいます。
よく「善玉菌」や「悪玉菌」などという言葉を耳にしますが、これらの他に「日和見菌」という普段は何もしない大人しい無害な菌が多く存在しています。

日和見菌は、悪玉菌が増えて活発になると一緒になって悪さをするちょっと困ったところも持っています。

そしてその沢山の細菌が腸内でおこなっている事こそ、酵素の生成なのです。

細菌はその名の通り菌です。
菌は生き物ですから、生きるためには「エサ」が無いといけません。
そのエサは、私たち人間が普段食べている食事のタンパク質やミネラルなど。これらを栄養分に、細菌が酵素を作り出すというサイクルになっているのです。

善玉菌も、悪玉菌も、勿論日和見菌も、それぞれ酵素を作り出します。

善玉菌を増やして、良い働きをしてくれる腸内控訴を増やす事、これが体内から良い酵素を沢山発生させるための一番の近道となります。

善玉菌を増やす食べ物

善玉菌といえばビフィズス菌、ビフィズス菌といえばヨーグルト、このような連想をする方が多くいらっしゃる事かと思われますが、その思考はとても正しいものです。

ヨーグルトはビフィズス菌をはじめ、ラクトバチルス菌など腸内の善玉菌を増やすとても良い作用が見込める食べ物です。

他にも乳酸菌の一種であるコッカス菌も、ヨーグルトには勿論含まれていますが、いわゆるヤクルトなどの「乳酸飲料」に多く含まれます。

善玉菌を増やすには、乳酸系の発酵食品が良いのです。

ヨーグルトばかりだと飽きてしまうという方には、ヨーグルトと味噌を合わせて自家製の漬物を漬けるのがおすすめです。味噌の効果で食物酵素も摂る事ができ、更に善玉菌が多く含まれる乳酸菌の効果もあり、体内の酵素を増やすのにはもってこいです。

食物繊維と善玉菌を摂取して、健康的な生活を!

「酵素」とはよく耳にするけれど、一体何なのか、どんな働きをするのか、どうやったら増やす事ができるのか、そのような素朴な疑問に関して、解説をして参りました。

エネルギーを吸収するための「消化酵素」、そしてそのエネルギーをパワーに換えてくれる「代謝酵素」、消化酵素を助けてくれる「食物酵素」、この3つの酵素のそれぞれの働きと効果をしっかり押さえて、更に体内での酵素を生成するのに欠かせない腸内細菌の善玉菌を増やす事を心がけて、若々しく生き生きとした人生を送りましょう。

酵素ドリンク人気ランキング

酵素サプリ口コミ比較ランキング

-酵素ダイエットの基礎知識

執筆者:

関連記事

ファスティングダイエットでリバウンドした方におすすめしたい酵素ドリンク

ファスティングとは、英語でfastingと書き、fastには「絶食」や「断食」を …

酵素サプリメントと酵素ドリンク、ダイエットにはどっちが良いの?

酵素を体内に取り入れる方法としては、 酵素スムージーに加えて市販の酵素サプリや酵 …

断食ダイエットで成功するかは回復食がカギ!リバウンドしないための回復食とは

断食ダイエットをすると必ずリバウンドする…そのような話、耳にしたことがあると思い …

酵素は副作用の心配なし?摂り過ぎによる危険性や注意点について

新陳代謝を促進し、体質を改善して痩せやすい身体を作ることができる酵素。 一見いい …

ベルタ酵素ドリンクのレビュー

コンブチャクレンズ レビュー

ファスティングダイエットでリバウンドした方におすすめしたい酵素ドリンク

ファスティングとは、英語でfastingと書き、fastには「絶食」や「断食」を …

断食ダイエットで成功するかは回復食がカギ!リバウンドしないための回復食とは

断食ダイエットをすると必ずリバウンドする…そのような話、耳にしたことがあると思い …

酵素とは何か?消化酵素、代謝酵素、食物酵素について

「酵素」という言葉は誰もが耳にした事のある単語でしょう。 しかし、例えば子どもに …

酵素サプリメントと酵素ドリンク、ダイエットにはどっちが良いの?

酵素を体内に取り入れる方法としては、 酵素スムージーに加えて市販の酵素サプリや酵 …

酵素は副作用の心配なし?摂り過ぎによる危険性や注意点について

新陳代謝を促進し、体質を改善して痩せやすい身体を作ることができる酵素。 一見いい …

クレンズダイエットとは?芸能人やモデルも夢中のジュースクレンズ

皆様はクレンズダイエットというものをご存知ですか? 今注目されているダイエット方 …

酵素ドリンクと青汁はどちらがおすすめ?

美容や健康を考えた時に出てくるのが「青汁」「酵素ドリンク」の二つという人も珍しく …

酵素ドリンクは市販より通販で購入した方がお得!理由はサポートと返金保証

テレビで酵素ドリンクのダイエット効果が取り上げられてから ネット通販の酵素ドリン …

人気の酵素ドリンクダイエットの正しいやり方(断食・プチ断食)

今は酵素ドリンクによるダイエットというのがとても注目されており、中でも酵素ドリン …

自分でも作れる!酵素ドリンクの作り方

短期間での酵素ダイエットを行う際に、効率的かつ即効性のある酵素ドリンクは必要不可 …

炭水化物抜きダイエットでリバウンドしないために!メニューと効果的なやり方

すでに炭水化物抜きダイエットをご存知の方も多いと思いますが、炭水化物を抜けばいい …